ホーム > J.F.T.Aについて

パックするように、テーピングをして眠るだけ

 

就寝前に貼る専用テープの心地よいフィット感がストレッチ作用だけでなくリラックス効果も促します。

アンチエイジングに効果的なフェイシャルテーピングでお顔のお悩みなくしませんか?専属トレーナーがお手伝いします。

 

◎こんなお顔の悩みが有る方におすすめです♪

  • ●顔や首のむくみ
  • ●顔の左右がアンバランス
  • ●まぶたが重い
  • ●目尻が下がってきた
  • ●アイラインが引きにくい
  • ●深いほうれい線
  • ●おでこや眉間のシワが気になる
  • ●顔のたるみ

 

顔に貼るテーピング施術。

フェイシャルテーピングは伸縮性のある専用テープを顔の気になる部分に引っぱって貼り、皮膚や筋肉をエクササイズすることで形を矯正する美容施術です。
※使用する専用のテープ素材「テンダーテックス」は全方向に4倍以上もの伸縮性があり、顔の皮膚にやさしくフィットしますので、肌を気にされる方にも安心してご使用いただけます。

 

「睡眠」美容施術です。

年齢や人によって違いはありますが、肌の細胞は約1ヶ月、筋肉は約2ヶ月で入れ替わり(ターンオーバー)します。肌や筋肉の入れ替わり(新陳代謝)は睡眠中に活発に行われます。睡眠中にテーピングでたるんだお肌を引き上げ、固定することでたるみをとり、筋肉を固定することで形状を記憶させ自分のなりたいお顔に近づけます。新陳代謝によりお顔の状態をゆっくり改善しますので、あきらかな改善には3~4ヶ月の期間が必要です。

 

自然回復の美容施術だから安心、安全。

フェイシャルテーピングは人が本来持っている顔の筋肉や皮膚の回復力を高めます。伸縮性のある専用テープを用いて衰えた顔の筋肉やたるんだ皮膚を引っぱって刺激すると、筋肉トレーニングやストレッチングの効果だけでなく、脳に「ここは改善しましょう」という目印になります。そうすることで、新陳代謝が高まり筋肉や皮膚の自然回復力を促進させることができ、気になる部分の変化や老化の防止につながる効果が現れます。

 

セルフ施術だから安くて続けやすい。

体のシェイプアップや老化防止のためにウォーキングやストレッチ、筋トレ、ヨガなどをしておられる方も多いと思います。フェイシャルテーピングはそれらと同じで自分で施術(セルフ施術)するお顔のためのシェイプアップエクササイズです。 シェイプアップは日々の積み重ねがとても大切。当協会では家庭での日々のケアにぜひフェイシャルテーピングを活用していただけるよう費用も安く、簡単確実なエクササイズを考案いたしました。

 

フェイシャルテーピングによる効果と期間

フェイシャルテーピングは肌と筋肉に直接的に効果がある施術です。テーピングの効果は一晩でも実感はできますが、表情筋が刺激されただけで一時的な効果でしかありません。 効果を定着させて改善させるには肌で1ヶ月、筋肉までとなると2ヶ月、理想は4ヶ月以上の継続が必要です。お客様と一緒に変化を楽しみ、しっかりコミュニケーションを取りましょう。

「フェイシャルテープ」の優れた品質

5カ国で特許を取得(日本、米国、中国、台湾、韓国)

JFTAで推奨するフェイシャルテーピング専用テープはデリケートなお顔の肌に負担を与えないように、通常の絆創膏のようなテープとは違う性能や機能を独自に持っています。高品質でありながらもお安く続けることができるので、どなたにもお勧めできます。

1.やさしい伸びが肌を傷めない

専用テープに使用されている特許新素材「テンダーテックス」は全方向に4倍(400%)以上の伸縮性があるので、肌や複雑な表情筋の動きに合わせてやさしくフィットしてくれます。


2.素材のやわらかさが通常の4倍

2倍(200%)に伸ばした時、テンダーテックスと市販の塩ビ絆創膏の素材とを比較すると4倍もやわらかさに違いが出ます。このやわらかさ(柔軟性)が肌負担をやわらげます。


3.考え抜かれた通気性と粘着性

テンダーテックスは微細なウレタン繊維を不織布に仕上げております。空気が通り抜ける隙間がたくさんあり、通気性がとてもあります。さらに、粘着剤も通気孔がある発泡タイプを使用しており、通気性は抜群です。汗によるムレや肌荒れの心配が少なく安心です。 粘着剤にはアクリル粘着剤を使用しておりお肌にやさしいので引きつりにくく、はがすときもお肌の負担が少なくなります。はがした後も粘着剤が肌に残ることはほとんどありません。

 

専用商材の種類はこちら

フェイシャルテーピングはもっとも安心かつ結果をつくれる美容法です。

- クリアスキンクリニック西麻布 院長 坂東 行洋 先生 -

■プロフィール

URL: http://www.csclinic.com/

日本レーザー医学会『認定指導医』
昭和53年順天堂大学医学部卒業
同年順天堂大学形成外科入局
昭和55年より日本において始まったばかりのレーザーの研究と治療を開始
日本形成外科学会・海外などでレーザー関係の発表・論文多数
日本形成外科学会・認定医資格取得
順天堂大学形成外科医局長・日本形成外科学会評議員などに選出される
順天堂大学臨床関連病院:石井病院(群馬県伊勢崎市)副院長
レーザー研究論文が認められ医学博士の称号を授与される
平成10年から専門であるレーザー治療・形成外科治療の専門クリニックとしてクリア・スキンクリニック西麻布を創設
順天堂大学形成外科講師(非常勤)としても後輩の指導を続ける

坂東行洋先生のフェイシャルテーピングに対するコメント

「新しくも効果的な整形美容法ですね。」

美容手術ではメスを入れてしまうと元に戻すことは難しく、万一イメージが違った場合は精神的なショックが大きくトラブルになることもあります。

その点、「フェイシャルテーピング」はテーピングを使って顔の筋肉や皮膚をエクササイズすることで時間をかけて形をつくりあげていくことから、安心かつ合理的で、顔の各パーツを矯正し整形するのにとても有効です。たるみや老化などにも有効なことからフェイシャルテーピング美容法は過去に例のない美容法だと言えます。

開発協力の経緯

目元美容整形用品「アイ・パッチリン」を開発したメディカル・エイドから臨床研究の依頼を受け、医師の立場から開発者にアドバイスをしております。

「アイ・パッチリン」は目元の皮膚をストレッチテープで引っ張ることで目元の形を変えていきます。 しかし、 当初は目元の皮膚を引っ張るだけで目の形が変わるとは専門医として信じがたいものでしたが、実際にモニターした結果は予想を超えたものでした。

専用テープを使ってのテーピングは貼り方、頻度などしっかりルールどおりに行うことで横方向に切れ長になるのはもちろんのこと、縦方向の見開きやつり目たれ目の角度、目の細かな形状まで変化できることが解りました。
ある程度固定化するには3~4ヶ月程度かかりますが、その後は週に1~2度使用するだけで形状は維持できます。

使用を停止すると徐々に元の形状に戻っていきますが、現段階でのモニター結果では使用していた期間(3ヶ月)の2倍経過しても60~70%ほど形状を維持しています。

フェイシャルテーピングのメカニズム

目の形状変化の理由として、現在あげられる理由は下記の3点です。

1. 皮膚の入れ替わり

一般的に表皮組織は約1ヶ月で入れ替わり、その他の皮下組織も3~6ヶ月程度で入れ替わると言われます。しかし、テープで矯正する期間が週に4回程度、1回の使用時間が睡眠時の6~8時間程度でこの新陳代謝という理由だけとは考えにくい点があります。

2. 皮膚の平準化

ストレッチテープで引っ張られた皮膚と縮まった皮膚が平準化しテープで引っ張った部分の皮膚にハリができ目元の形状変化を起こすという点です。

3. 表情筋への刺激

テープで皮膚をストレッチすると表情筋も一緒にストレッチされます。筋防錘効果により筋肉が元に戻ろうとし、運動が始まり、筋トレ効果と代謝が促進されます。

従来の美容整形との違い

1. 身体を傷つけない

メスや注射や針などを使わず、テープを貼るだけなので傷つけず無痛です。

2. 医療行為ではない

医療行為ではないので副作用などの懸念事項がなく、エクササイズやヘアカラーによる好みの髪型を自分でつくる事やメイクに近い処置である。

3.  ツリ目やタレ目の矯正に向いている

従来の美容整形手術では良い結果のでない目尻整形が無理なく自然に行える。

4.  抵抗感がなく、はじめやすい

テープを使うだけなので、メスを使う美容整形より抵抗感がない。

上記理由からもフェイシャルテーピングは
安心ではじめやすい事からもお勧めの美容法であるといえます。